妊活をされている方は、様々な方法で温活に励んでいますよね。

 

今日は、妊活・温活のアイテムの1つとして『布ナプキン』を紹介させていただきます。

IMG_4029

 

実は私、布ナプキンの存在をつい最近知りました!

布オムツは知っていましたが、布ナプキンという物があるなんて…

知った時、結構衝撃的でした☆

 

 

何も知らなかった私は疑問???だらけ。

 

☆あの汚れを自分で洗うの?

 

☆汚れはちゃんと落ちるの?

 

☆モレないの?吸収してくれるの?

 

 

もちろん、メリット・デメリットはそれぞれあるようです。

 

まずは、メリットについて。

 

①体を温める効果がある!

一般的に使われている紙ナプキンは、保冷材や熱冷ましシートに使用されている分子吸収体ポリマーが使われています。

水分を吸うとジェル状になる吸収体を体に当てているので、体が冷えてしまうようです。

それに対し布ナプキンは、綿やオーガニックコットンが使われているので体を、子宮を温めてくれるのです。

洋服を重ね着しているような感覚ですね。

 

②生理痛が軽減される。

先ほどもお伝えしたように、布ナプキンはコットンで出来ているので子宮を温めます。

生理痛に冷えは大敵。カイロなどでお腹を温めると血液の循環が良くなり、痛みが軽減されますよね。

それと同じ効果が布ナプキンにはあるようです。

 

③ムレ、かぶれ、においがなくなる。

紙ナプキンは、経血をもらさないように作られているのでビニール素材が使われています。

なので通気性は悪く、ムレてしまうことでかぶれやにおいに繋がってしまうのです。

それに対し布ナプキンは通気性が良いので、ムレません。

 

④お肌に優しい

紙ナプキンのほとんどは、石油系素材が使われています。

化学物質で作られていることから、最近では「ケミカルナプキン」とも言われているようです。

そのような物が、女性の体の大切な部分に接していると思うと何だか恐ろしいですね。

布ナプキンはコットンなので、もちろん安全・安心。

オーガニックを使えばさらに安心できますね。

 

⑤ゴミが出ない。経済的。

 

⑥デザインが可愛いので憂鬱な生理の日に気分が上がる。

 

このようにメリットがたくさんあることがわかりました。

だんだん、布ナプキンを使ってみたくなってきたのは私だけでしょうか(^^♪

 

 

では、次はデメリットを。

始める時はデメリットも知ったうえで使いたいですよね。

 

①紙ナプキンに慣れているので、洗濯がやはり面倒。

②量が多い日に使ったらモレてしまった。

③捨てられないので、外出時は荷物がおおくなる。

 

そうですよね、荷物はかなり多くなりそうですよね。

 

 

最初は心配なので、量が少ない日から試しに使う人も多いようです。

 

洗濯を手間と思うかどうか…は人それぞれですね。

専用の洗剤があるようで、つけ置きしておけばほとんどの汚れは落ちるそうです。

本当かな~~。。。

個人的にはそこがかなり不安要素です。

 

 

でも、おりもの用や軽い日用も販売されているので、それでお試ししてみたい気持ちもあります。

 

みなさまにも、良ければ参考までに☆↓↓↓

布ナプキン おりもの 軽い日 ライナー (厚さ:普通) オーガニック布ナプキン 生理用品 有機栽培綿 月経布 布ナプキン オーガニックコットン おりもの 布ナプ

 

冷え性の方、妊活中の方、布ナプキンで子宮をポカポカにしてみましょ ♡

 

 

こちらも温活アイテムがたくさん!! ↓↓↓

【温活にも】上質シルク100%薄手腹巻/レギュラー丈 温活・妊活応援アイテム

※スマホの方…「natural sunny」という所から、温活アイテムがたくさん見られます。