妊活をされている方が、割と早い段階で取り組んでいること。

それは、『普段の飲み物をルイボスティーに変えること』です。

 

私も実際、半年妊娠ができなくてまず取り組んだのは「基礎体温」(←遅いって?笑)

その次が「ルイボスティー」でした。

 

思い立ったその日に近所のスーパーで夕飯の食材と一緒に買ってきました。

効果や効能もまだよくわかっていませんでしたが、「煮出さなきゃ効果はあまりない」ということはわかっていたので、「煮出し」が出来るものを選んで買ってきました。

 

 

お湯出しや水出しではあまり意味はないようです。

大事なのは煮出すこと!

 

それ以外にも、ルイボスティー選びには大切なことがあるようです。

でもその前に、まずはルイボスティーとはどういうお茶なのかを知りたいですよね。

 

 

ルイボスティーは、私たちが普段飲んでいる緑茶や紅茶とは違う種類のお茶。

image

主な原産国は南アフリカで、マメ科の一種だそうです。

育てることが難しい植物のようで、南アフリカでも一部の地域でしか育たないとのこと。

なので、もちろん日本で育てることは出来ません。全て輸入になります。

 

 

では、ルイボスティーにはどのような効果や効能があるのでしょうか?

 

妊活に良いとされていますが、どのような影響があるのでしょうか?

 

 

①冷え性を改善する効果がある

妊活に冷えは大敵ですよね。

冷えを改善するには、血行を良くすることが大切です。

カフェインは交感神経を刺激して血管を収縮してしまうのですが、ルイボスティーはノンカフェイン

なので、妊活をされている方に人気なのですね。

 

私も今まで、冬の寒い時期以外は麦茶を飲んでいました。

冬場は暖かい緑茶か白湯。(←おばあちゃんみたい 笑)

麦茶もノンカフェインですが、体を冷やしてしまうみたいなので、この機会に冷え性改善以外にも様々な効果があるルイボスティーに変えることが出来てよかったなと思っています。

 

 

②抗酸化作用!~活性酸素を除去してくれる~

妊娠をするためには「活性酸素」はなくてはならないもの。

でも、高齢や様々なストレスによって体内の活性酸素は増えていくそうです。

ありすぎると、酸化によって卵子の質が低下してしまうので除去していく必要があります。

必要なものだけど、ありすぎてもよくないもの。

そのバランスを保つのは難しいですね。

 

そこで注目されたのが、ルイボスティー!

ルイボスティーにはSOD酵素という酵素を増やす働きがあります。

この酵素が体内の活性酸素を除去してくれるのです。

 

ルイボスティーを飲んで、活性酸素をバランス良くしたいですね。

 

 

この他にも、便秘改善や美肌効果、アトピー改善、老化防止など様々な効果があるようです。

飲んでいて損はないですよね。

 

ルイボスティーはくせもなく、飲みやすかったです。

ノンカフェインなので、子どもに飲ませるのもいいですよね。

 

もし妊活から卒業できたとしても、ルイボスティーは続けていきたいと思います。

 

 

 

最後に、ルイボスティーを選ぶポイント!

 

先ほども書きましたが、

①煮出すタイプのものを選ぶこと

ぐつぐつと煮出すことで、効果や効能が多く得られるそうです。

 

②オーガニックでスーパーグレードのものを選ぶこと

ルイボスティーにもランクがあるそうです。

ランクが良いほうが、重要な成分の含有量が多いみたいです。

 

③鮮度の良いもの、鮮度を保てるものを選ぶこと

鮮度が良くないと、良い成分が減ってしまうようです。

また、買ってからも鮮度を保てるようにジップ付きなどが良いですね。

 

 

ルイボスティーは調べると本当にたくさんのものが売っています。

これらを参考に、自分に合うものをぜひ選んでみてください。

image

 

 

素敵な温活アイテムがたくさん☆ ↓↓↓

【温活にも】上質シルク100%薄手腹巻/レギュラー丈 温活・妊活応援アイテム
※携帯の方…「natural sunny」という所からたくさんの温活アイテムが見られます。