葉酸は、妊娠中に摂取すると良いってよく聞きますよね。

赤ちゃんが成長するのに必要な栄養素だからです。

 

 

でも、妊娠前から摂取してもいいみたいなんです!

 

妊活中から摂取するメリットとしては…

『赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らす事ができる』

 

 

葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害になる可能性があります。

それは、妊娠4〜5週辺りに起こるもの。

 

今の時代、妊娠検査薬の精度は上がっていますが、妊娠に気がつくのは大体妊娠4〜5週辺り。

ということは、妊娠がわかってから慌てて摂取しても遅いということですね。

 

 

 

ここで、神経管閉鎖障害について少し触れてみたいと思います。

 

神経管閉鎖障害とは、神経管と呼ばれる管状の細胞の一部が塞がってしまう先天性異常の一つ。

神経管は脳や脊髄を作る大切な管。

これが塞がることにより、脳や脊髄が成長できなくなります。

 

 

それによって引き起こされる症状としては以下の二つがあります。

①脳に関する症状…「無脳症」

②脊髄に関する症状…「二分脊椎症」

 

 

☆☆無脳症☆☆

脳が正常に成長をしません。

成長をしたとしても、脳の大部分が損傷をしてしまいます。

脳以外が正常に成長したとしても、脳が成長しなければ結果、流産や死産という形になってしまいます。

 

☆☆二分脊椎症☆☆

脊髄や脊柱が正常に成長しません。

それにより、下半身の神経が麻痺して歩行障害や運動障害が残ってしまいます。

その他にも、排尿・排便障害や性機能障害が残る可能性もあります。

 

 

これらの症状が出る確率としては、1万人に対し5~6人程。

この確率を低いと思うか高いと思うかは人それぞれ。

 

 

私は確率としては低いとは思いますが、もしなってしまった時に後悔したくないため、ここ最近葉酸を摂るようになりました。

 

私は以前からお菓子のグミが大好きだったため、こちらを購入!↓↓↓

UHA(ウーハ)のグミサプリシリーズから、「鉄&葉酸」です♡
image

 

ぶどうっぽい味がしておいしいのですが、ただ、あくまでグミなので添加物なども含まれています。

酸味料や香料などなど、気になるものがちらほら…

 

今あるものがなくなったら、違うサプリにしようかな~と考え中です。

 

 

あ、でも葉酸はサプリからだけでなく、もちろん食品からも摂取できますよ!

 

含有量がとっても多いのは、レバーのり

野菜の中にも多く含まれていて、枝豆やアスパラガス・ブロッコリー・ほうれん草・にんにくの芽・ソラマメ・トウモロコシなどなど。

私の大好きなものばかり♡

 

 

ここで気になるのは、この野菜たちをどのくらい食べればいいのか?

妊活中や妊娠初期に必要な葉酸の量は400㎍(マイクログラム)と言われています。

 

アスパラガス3本で、大体100㎍。

にんにくの芽10本で、大体120㎍。

 

 

食べ物からだけでは一日の必要量を摂取するのは難しいと思うので、やっぱりサプリも必要ですかね。

 

 

皆さんも、妊活中から葉酸を積極的に摂取して、これからの妊娠に備えましょ。

 

 

最後に、このブログに載せていたwedding関係の記事を削除させていただきました。

私はブログに関して初心者なので、いろいろと細かい個人的な情報を載せてしまっていたのですが、調べていくと情報を勝手に使われてしまっている人もいるので、削除しました。

 

更新を楽しみにしてくれていた方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありません。

(ん~、いないかな?笑笑)