image

 

みなさん、『福さん式』って聞いたことありますか??

 

私は、妊活を始めて少ししてから知りました。

 

 

福さん式とは、元助産師さんである「福さん」という方が考えた内診方法。

なんと、自分自身で子宮口やオリモノを触って、自分の排卵日を特定するんです!

 

 

自分で子宮口を確認!?!?

 

始めて知った時は、結構衝撃的でした☆

でも、自分でも確認できるんですね~。

 

 

福さんいわく、1番のタイミング時期は排卵日の4日前からだそうです。

4日前から2日前が妊娠率が高いとおっしゃっています。

 

 

排卵日が近くなると、子宮口がゆるく開いてきて、下に下がってくるそうです。

膣に指を入れると、子宮口が届きやすい位置にあります。

硬さとしては、耳たぶくらいの柔らかさになっているのがベスト!

鼻の頭くらいの硬さだと、排卵日はまだのようですね。

 

 

子宮口を確認するのと同時にオリモノも確認します。

 

みなさんご存じだとは思いますが、排卵日が近づくにつれてオリモノの量はどんどん増えていきます。

粘り気が1番あって、透明なのが特徴。

卵白のようだと例えられています。

 

指を入れた時に指で子宮口を一回りして、オリモノを指ですくって?くるようにするといいそうですよ。

 

 

 

私は、ほぼ毎月排卵痛があったり生理周期が乱れないというのもあって、排卵日は特定しやすいです。

排卵日がわかりにくくて悩んでいる方で、自己内診に抵抗がない方は試してみるものいいかもしれませんね。

 

ただ、自己内診される時は爪を短く切って、指を石鹸で良く洗い、清潔なタオルで拭いてくださいね。

お風呂上りなどの清潔な状態で試すのがいいと思います。

 

 

福さん式は、福さんがネット上に公開したことで広まったみたいですが、今はもう福さんのサイトは見れなくなっていました。

 

残念ですが、調べてみると様々な方が福さん式内診方法を詳しく載せているので、興味のある方は調べてみてください。