ブログの再開と同時に、たくさんの方にブログを見ていただけて嬉しく思います(*´˘`*)♡

皆さま、ありがとうございます♡

 

 

さて、ブログを再開した私は…と言いますと、なんとインフルエンザに感染してしまいました((( ;゚Д゚)))

 

一昨日から喉の痛みや頭痛があって、少し体調が悪いな〜とは思っていたのですが、昨日から頭痛が激しくなり目の奥まで痛くなってしまいました。

それに加えて、微熱や鼻水、体のだるさや節々の痛さ。

 

これはただの風邪ではないかも…と思い、病院へ行ってきました。

時期が時期なので、問診の後にすぐインフルエンザ検査。人生初です。

長い綿棒のような物を鼻の奥まで入れられ、ぐりぐりされました。辛かった。。

終わったあと、目に涙が溢れていました(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

 

 

検査結果が出るまでしばらく待機。でも、待ったのは10分くらいだと思います。

もう一度呼ばれ、診察室に入ると検査キットのような物を見せられました。

「陽性だと、ここにブルーの線が出てくるんですけどね〜。粘ったのですが、陰性でした。」と。

 

「でも、インフルエンザの予防接種を受けているなら軽く済んでいて反応が出ていないだけかもしれません。こうなると、治療方法を決めるのは自己判断になってくるんですよ。どうされますか?」と。

 

「いつもの風邪とはなんか違うな…と思われるのであればインフルエンザの可能性が高いので、タミフルを出しておきますよ。」と言われたので、そうしてもらうことにしました。

 

風邪でここまで頭痛が激しいのは初。しかも目まで痛くなるなんておかしい。

タミフルを飲んでみよう!そう思いました。

 

 

帰宅後、軽く食事をしてタミフルを飲み、数時間寝ました。

すると…なんとまぁ!驚くほどに体が楽になっていました╰(*´︶`*)╯♡

頭痛も目の痛みも体のだるさも、ほとんどなくなっていたのです。

これで、確信しました!

やっぱりインフルエンザだったのだと。

 

楽になったので、布団の中でこの記事を書いています。笑

 

 

と、前置きがだい〜ぶ長くなってしまいましたが、もし私が妊娠を継続できていたとしたらどうなっていたんだろうと思い、怖くなりました。

 

結果、8週で流産してしまいましたが、私の妊娠がわかったのは、去年の11月15日。(←この段階では、自宅での妊娠検査薬での判定です。)

ちょうどインフルエンザの予防接種が始まる時期だったので、すぐに調べました。

 

 

『妊娠していても、インフルエンザの予防接種って受けられるの??』

 

 

結果は…

OKでした。

 

 

OKと言っても、100%安全だといえるものではないみたいですが、受けないで感染してしまうことの方が怖いので、受けた方がいいみたいです。

 

ワクチンには、「生ワクチン」と「不活性化ワクチン」の2種類があります。

 

インフルエンザワクチンは「不活性化ワクチン」。死んだウィルスということです。

毒性がないので、妊婦さんでも受けられるもの。

 

以前、風疹抗体検査について書かせていただきましましたが、風疹ワクチンは「生ワクチン」。

生きたウィルスなので、妊婦さんは受けられません。

 

 

不活性化ワクチンだから、妊婦さんでも接種できるけど、100%安全と証明されているわけではないようです。

なので、病院によっては、妊娠初期は避けて妊娠中期に入ってから受けましょう!という所もあるようです。(たぶん、稀だとは思いますが。)

 

 

私はいくつかの婦人科や内科など、インフルエンザワクチンを受けられる病院に電話しましたが、「妊娠初期でも問題ない」という所がほとんどでした。

 

ただ、婦人科ではなく内科だと「通われてる婦人科の先生の許可があれば接種できますよ」という所はありました。

 

 

近所の一番安い内科で接種しようかとも思いましたが、やはり安心したかったので、その時に通っていた不妊専門病院で受けることにしました。

 

そこの先生に相談したところ、「接種しても問題ありませんよ」と言ってもらえました。

その時、妊娠6週の初期。

おそらく、初期でも問題ないという先生がほとんどなんだと思います。

 

 

それよりもインフルエンザに感染してしまうことの方が怖い。

 

もし妊娠中に感染してしまっても、タミフルは飲めるそうですが、もし高熱が続いてしまった場合、赤ちゃんにも影響が出てくる可能性があるそうです。

 

妊娠中にインフルエンザに感染すると重症化しやすく、そして、早産や流産のリスクも出てくる。

 

流産。

 

それだけはどうしても避けたいですよね。

 

経験したからこそ思います。無事に妊娠された方が全員、そのようなことがなく無事に出産されてほしい!と。

 

 

それらを踏まえて…

 

このブログを読んでくれている皆様が妊娠された時、それがちょうど秋冬だった時、その時はご家族や主治医とよく話し合って決めてみてください(*´˘`*)

 

大事な大事な赤ちゃんのために…♡