近所の婦人科に通っていた私が転院を考え始めたのは、8月頃。

ポリープ切除術が終わって、術後検査も終わった頃のことです。

 

手術のおかげで子宮がきれいになったので、次に考えたのは卵管造影検査。

でも、通っていた婦人科では卵管造影検査はできませんでした。

 

 

このままこの婦人科に通っていてもいいのだろうか…

婦人科で出来る治療には限界がある。

この先のことを考えたら不妊専門病院に転院したほうがいいのでは??

 

 

それからはとにかく検索しまくりました。

以前不妊専門病院に通っていた友達にも相談しました。

 

病院の選び方や卵管造影検査については、また後日詳しく書いていきます。

 

 

いろいろ調べ、旦那さんにも相談し、ある病院に転院を決意!!

 

転院後にまず行ったのは、たくさんの検査。

その中にあったのが、「ビタミンD」の数値を測る検査です。

これは血液検査で調べることができます。

 

私は今までやったことがありませんでした。

それより、妊活にビタミンDが必要であることも知りませんでした。

 

 

ビタミンDといえば、骨を作ったり丈夫にしたりする栄養素のイメージです。

私の母親も骨粗しょう症予備軍のため、ビタミンDの薬を飲んでいます。

 

でも最近は、「妊娠や出産にも必要な栄養素である」と注目されてきているようですね。

 

その理由としては…

 

 

・ビタミンDが細胞の増殖に関係しているから。

・ビタミンDの数値が正常である人の方が、卵子の数が多いから。

・胎児の骨も作る栄養素だから。

・妊娠率がUPするから。

 

 

などなど、調べると様々な理由が出てきました。

 

実際、ビタミンDが必要である理由を医師に聞いたわけではないのですが、転院した病院の先生にも「ビタミンDの数値が少ないのでサプリを飲んでください。」と言われました。

 

その時に理由を聞けば良かったな~。

今度通院した時に聞いてみて、また報告させていただきますね。

 

 

それで、私の数値結果(血中のビタミンD濃度)は…と言いますと

 

『14ng/mL』でした。

 

30~50ng/mLがベスト。

最低でも20~30ng/mLは欲しいところ、14という結果でした。

 

10ng/mL以下だとビタミンD欠乏症だそうです。

 

 

そこで、私が飲み始めたサプリはこちら↓↓↓


アマゾンで770円でした。

1日1粒の摂取なので、これで90日分です。

3ヶ月も持つなら、お得かなと思います。

 

 

楽天では768円。↓↓↓

ネイチャーメイド スーパービタミンD 1000IU(90粒)【ネイチャーメイド(Nature Made)】[サプリ サプリメント]

値段はどちらでもそんなに変わりませんね。

 

 

ちなみに、このサプリの1粒当たりの含有量は25μg(マイクログラム)です。

 

もちろん、サプリ以外に食品や日光からも摂取できています。

成人の1日の上限摂取量は50㎍だそうで、過剰に摂取しすぎるのもよくないみたいです。

 

過剰摂取の原因は主にサプリからなので、きちんと検査してご自身の数値を把握されてから摂取することをおススメします。

 

 

それと、摂取するのはやはり食後がいいそうです。

私も毎日夕食後に飲むようにしています。

 

参考までに…