【採卵2日前】

21時45分にhcg10000を自己注射しました。

時間厳守!!

とのことだったので、付箋に時間を書いて部屋に貼り、旦那さんにも伝え、忘れないようにしました。

 

 

【採卵前日】

22時以降は禁食の指示が出ていました。

普段から夜遅くに食べることはほとんどないので、これは楽勝。

 

 

【採卵当日】

6時まではお水のみOKでしたが、起きたのが6時過ぎだったのでお水すら飲めずにCLへ向かいました。笑

 

当日は8時15分までに来てください。

時間を過ぎると排卵してしまう可能性があるので、こちらも時間厳守!!

 

とのことだったので、ドキドキしながら向かいました。

 

 

 

当日の注意事項は…

お化粧は禁止 (すっぴんでマスクをして行きました)

爪は短く切る

コンタクト禁止 (眼鏡で行き、帰りにコンタクト)

貴金属禁止 (結婚指輪も一応外して行きました)

・入れ歯禁止

 

 

 

当日の持ち物は…

申込書

精子 (当日、CLで採取でも可)

費用

 

 

申込書は前日までに記入して準備OK!

費用も2万円以上はカードが使えるのでOK!

 

 

問題は精子でした。

 

採取してから2時間以内に受付に提出してください。

とのことだったのですが、家からCLまでの距離や旦那さんの出勤時間などを考えると提出までに2時間ギリギリ。

運動率が悪くなるんじゃないかと心配していました。

 

 

電車は特に遅れもなく、15分前の8時に到着。

すぐに提出しようと思いましたが、受付に人はいない。

 

 

8時すぎてから受付の人が来ましたが、「順番に案内しますので、お待ちください。」と。

 

この日は数人の人がいましたが、待っても待っても名前は呼ばれない。。

なんと、一番最後でした。

しかも私の前の人がトラブってて、受付の人もどこかへ行ってしまう始末。

 

 

「あ~~、もう2時間経ってしまう~~~」

「初めての採卵なのに、初めての体外なのに、失敗に終わる~~」

 

 

私の心は荒れていました。笑

 

 

と、そこへ受付の人が一瞬戻ってきたので、私も必死に訴えました!!

 

 

「あの、家が遠いのでもう2時間経ってしまうんです!!」

 

 

今思えば精子の結果がかなり良かったので、何言ってんだ?って感じです。笑

今となっては笑い話です。

 

 

でも、あの時は本当に必死でした。

こっちは何十万もかけてるんだよ!と受付の人に言いたいくらいでした。笑

 

 

結果、提出したのは2時間ギッリギリ。

その時は結果がわからなかったので不安でいっぱいでした。

 

 

 

受付をしたあとは、2階へ上がり準備をします。

 

一つの部屋がカーテンで4つに仕切られていました。

 

カーテンの中には椅子と小さなテーブル、ブランケットが置いてあるだけ。

カーテンの外には鍵の付いたロッカーがあります。

 

 

ロッカーの中に入っていたものは…

・手術着のようなもの

・使い捨てのスリッパ

・ロッカーの鍵

 

採卵の日は下着も全て脱ぎ、手術着に着替えます。

 

着替え終わったあとは、名前が呼ばれるまで椅子に座って待っていました。

受付が一番最後だったので、呼ばれるのも一番最後。

 

でも、待っていたのは10分くらいだったと思います。

 

 

 

さて、ここからオペルームに移動して無麻酔採卵が始まります!

無麻酔採卵!!

聞いただけでドキドキ。

 

 

 

……と、今回はここまで。

 

ここから先のお話はまた次回 (^O^)

採卵 (無麻酔採卵) についてはしっかりまとめて、またレポしますね。

 

ではでは。