皆さまお久しぶりです。

前回の投稿から5ヶ月が経ってしまいました( ;∀;)

 

私たちの不妊治療は、5ヶ月経った現在も続いております。

治療を進めたり、転院したり、素敵な先生との出会いがあったり…

 

たくさん悩み苦しみ、進むべき道を模索しながら歩んできた5ヶ月間でした。

また少しずつ私たち夫婦の奮闘記を記録していきたいと思います!

 

って言っても、また少ししたら書かなくなっちゃうんじゃないの??と思ったそこのあなた!

そうかもしれません。笑

 

もし今後更新が途絶えたら、「どうしたのー?」「更新楽しみにしてるよー♪」などとコメントください!

反応があるかもしれませんよ。笑

 

 

さて、ここからが本題ですね。

杉WCに検査結果を聞きに行ってきました!!

 

前回の記事 杉ウィメンズクリニックの初診に行ってきました! に書きましたが、杉山産婦人科の検査結果が正しくないかも、と杉先生に怖いことを言われていたのですが、結果、杉山と杉WCの結果はほぼ同じものでした。

 

【杉山】

第Ⅻ因子……53(基準値70-150)

プロテインS……48(基準値56-126)

 

【杉WC】

第Ⅻ因子……59(基準値60-150)

プロテインS……55(基準値56-126)

プロテインS抗原量……65(基準値65-135)

 

杉先生には、「ギリギリアウトくらいな数値だね」と言われました。

「ギリギリだけどアウトだから、アスピリンを服用していきましょう」と。

杉WCでしか検査できない項目も陰性で、着床障害は疑われないそうです。

 

第Ⅻ因子が引っ掛かると、低出生体重児で生まれやすいそうです

プロテインSも3番目の要因だそうで、妊娠35週までバイアスピリンを服用するように指示されました。

今後妊娠して、出産する病院が処方してくれない場合はうちに通ってくださいね、とのことでした。

 

その後、別室にて看護師さんからバイアスピリンについての説明がありました。

処方されたのは、『バイアスピリン100』です。

これは腸で溶ける薬ですが、多少胃にも負担はあります。

バファリン81を処方しているところもありますが、あれは胃で溶ける薬です。

市販のバファリンとは違うので、絶対に飲まないでくださいね、と。

 

バイアスピリン100とバファリン81についてはこちらを…↓↓↓
不育症の薬~バファリンとアスピリン~

 

私の場合は、高温期中期または移植日からリセットするまで服用するように言われました。

 

最大100錠処方できますが、何錠がいいですか?と聞かれたので、迷わず100錠お願いしました!

1錠50円なので、5000円です。

 

 

さぁ、これで準備はばっちり!!!

処方してもらえてよかったーーー。

バイアスピリンも処方してもらったし、これで妊娠できるかもーーー♪

 

なぁんて、この時は本当にそう思っていました。

 

でも、そうじゃなかった。

バイアスピリンを服用しても、かなり苦しみました。

いや、今現在もその苦しみは続いています。

 

バイアスピリンを飲めば妊娠できるかも♪

私たち夫婦の妊活はそんなに甘くはなかったようです。。。